ホテルの立地にも注目しよう!

ホテルを選ぶポイント

沖縄を満喫するためには宿泊する場所は重要です。限られた時間の中で旅行を楽しむためには、出来るだけ効率的に動くことのできるホテル選びをすることがポイントとなります。
沖縄には、大きく分けてリゾートホテルタイプ、ビジネスホテルタイプ、民宿・ゲストハウスタイプの三つに分けることができます。
リゾートホテルタイプは海に近く館内での遊びなどアクティビティが豊富ですが観光地へのアクセスが悪い、ビジネスホテルタイプはアクティビティが少なく宿泊がメインで観光地へのアクセスが良い代わりに、景色があまり良くないことが多いです。
民宿・ゲストハウスタイプはユニークで宿泊費が安い代わりに、部屋数が少ないため探すのが面倒というメリットとデメリットがあります。

重要な立地選びについて

ホテルは大きく3つに分けられますが、その中でも重要なのがホテルの立地選びです。 沖縄の代表的な観光地である美ら海水族館は空港から高速を使って2~2時間半程度はかかります。つまり、沖縄は一見狭いように見えて広いため、プランに合わないホテル選びをしてしまうと移動ばかりになってしまいます。 具体的なホテルの立地としては、那覇・首里エリアは沖縄の中心とも言っていい場所で、空港からもアクセスが良い場所になります。ビジネスホテルなどが多く存在しており、格安ホテルであるドミトリーも豊富です。 中部のエリアは、リゾート地らしいエリアとなっています。リゾートホテルやコンドミニアムまで幅広い宿泊施設があり、アメリカンビレッジなどの観光が楽しめます。 北部は沖縄を代表するリソーとエリアです。リゾートホテルが多く、ビーチもあるためリゾート目的の人には最適です。

西表島へは石垣島から高速船かフェリーでアクセスします。そのため、西表島のツアーは石垣島からのものが多くあります。西表島集合のツアーも多彩にあり、テーマや所要時間に合わせて選ぶことができます。